痩せる 一覧

あなたはどのタイプ?ゆがみにもパターンが!

651943

年末も押し迫った、12月28日・・・・

店長は技術の更なるレベルアップのため、ひとり出張に旅だった・・(笑)

 

いま、お店で試してますが、すっごいですよ!!

骨だけではなく、じん帯までのアプローチ!!

お楽しみに!!

 

で、昨日のお話~

ブライダルで初来店のお客様(いつもご紹介ありがとうございます)

Mさまとしましょ

 

Mさま「上半身は貧そうなので、二の腕だけ痩せたいんです」

承知いたしました!(たしかに上半身細いな~)

着替えていただいて、コース内容などご相談させていただきますね

「着替えました~」

(はっ!!)←私の心の声(笑)

肩、めっちゃ張ってますね~

「コリは感じないんですよ~」

肩甲骨も上に引っ張られてて、首とラインがつながってます

ドレス着たら目立ちませんか?

「いつも、こうなので普通だと思ってました。ドレス着た時の写真です」

やっぱり!

もちろん、気にされている二の腕はケアさせていただくんですが

私は、首から肩のラインが気になります~

上半身の厚みはないのに、もったいないです

「いわれてみれば・・」

ひとまず、お手入れの前にお写真とりましょ

(はっ!!)

横からみたら、姿勢の歪みが目立ちますね

それも、原因だと思いますよ

「ゆがんでます??」

(写真をお見せして)

プライムラインと言って、

股関節

くるぶし

が1つの線上にあるのがベストなんですよ~

「んーーーたしかに」

カウンセリングでうかがった

上半身と下半身のバランスの悪さもそこから来ているとおもいます

次回は、『ゆがみ矯正』いれてみてください!

「予約してみます!」

(よかった~)

 

こんな感じで、ゆがみってなかなか自覚できないんですよね

横からボディラインを見ることも少ないですし

身体はめいっぱい、いろんな機能を使って、ゆがんだ状態でも生きていけるようにしているんですね

痛みが出はじめたら、身体は限界状態です

 

ちなみに、Mさま

DSC_1620

1番右のタイプ!

骨盤にもゆがみがあるので、下半身も気になる状態になってしまっていました

あなたは、どのタイプだと思いますか??

 

横から鏡でみてみてください

 

『ゆがみ矯正』のお手入れでは、始めと最後にお写真お撮りしますので、

しーーーーっかりわかりますよ(笑)

 

よろしければ、ぜひ体験して下さい→ゆがみ矯正体験

 

 


効率よく痩せる=「それはないわー」ということをやってみて!

belly-body-clothes-diet-female-figure-fit

結論!!タイトル通り!!(笑)

 

日々、ボディに取り組むお客さまとお話していて、気づかされたこと

万年ダイエットしていたり、

いつもボディラインに意識をもっていたり、

でも痩せない

痩せたり、太ったりを繰り返してる

しかも、年々痩せにくくなって

もはや、水を飲んでも太るんじゃないか(笑)と思っているあなた!!

 

ぜひ、自分にとって

「それはないわーー」という方法を試してみてほしい

「それはないわーー」とは、

自分が、痩せたい!って思ったときにその方法を考えて

一番最初に除外する方法。

 

私だったら、

運動は無理だから・・・食事制限かな!食事制限なら得意!

 

なんですが・・・

無理と思っている運動のほうをやる

 

逆に、

食事は無理―――!我慢とかストレス!食べるのが趣味!だったら、走る!!

という人は、食事制限してみて!

ということです

 

これ、お客様に話すと絶対、

えーーーーーーっ!!って拒絶される(笑)

拒否っていうレベルじゃないよ

拒絶よ(笑)

 

それくらい、無意識に「これはない」っていうところに置いているもの

それこそが、実はあなたを痩せさせてくれるもの

 

お客様に多いのが、

毎週ジムに行ってて

エステも通ってて

ホームケアもお風呂も温活もやってて

 

でも、痩せない(笑)

よくよく聞くと・・・食べてる

しかも、食事の好みが、太るやつ

しかも、職場で甘いものも

 

食事管理しません??カロリー平均より取ってると思うよ

「えーーーーっ!そんなに食べてないですよ~」

じゃあ、朝食だけでも!

「お昼までにお腹がすいたら、どうするんですか~」

すいていいじゃん!痩せるよ

「むりーー仕事できないですよ~」

 

っていう感じ。

このお客様の場合

空腹=不安・不快・恐怖

なんですね~

 

低血糖さえ、気をつけたらファスティングをしている人さえいると言うのに(笑)

死なないってーーー!!

貯えあるじゃん!それ使おうよ~

と伝えております

 

こんな感じで、他人ごととして聞いたら、

「それ、食事やん」と簡単にわかることが

自分だと、できない

なぜなら、無意識に除外して、それだけは取り組まなくていいように

他の事がんばったりしちゃうので

 

わたしも、運動しなくていいいい訳ならいっぱい出せる

寒いし

走れるような公園がないし

足が痛くなるし

筋肉痛になったら仕事できないし

ウエアー持ってないし

いつでもやろうと思えばできるし

20分走ってもご飯茶わん1杯分しかカロリー消費しないし

筋肉細いから、消費カロリーもたかが知れているし

筋肉が太くなりたくないし

 

(笑)

ねっ!!

 

でも、それに取り組むと筋肉云々じゃない部分で効果を発揮したりする

気持ち

体調

デトックス

体質改善

全部私です

 

それで、ストンと体重も落ち始める

 

「またまた~」「嘘やろ~」と思ったあなたこそ、ぜひやってみてね

エステティシャンから心の中で

このお客様、これをやってくれたらいいのにーーーっって

思われてますよ

 

もしくは、お友達や彼や旦那さんや家族に聞いてみて

「私どうしたら、痩せるかな~」て

きっと答持ってますよ

あなたが

「それはないわーーーー」っていうやつね

注)素敵な彼は、そう言われたくないのでおしえてくれないかもしれません