骨盤前傾&反り腰のセルフケア

dscf9764

反り腰シリーズ第3弾

原田藍です(笑)

第一弾から読みたい方はこちら

骨盤と「美骨ケア」

「反り腰」骨盤と下半身デブ

やっぱり、下半身デブはなかったかしら~

あんまり人気がなかったな(笑)

前回の写真、覚えていますか??

sketch-1476249243850

これね!

骨盤前傾の方の、典型的なボディラインです

(妹よすまないね~)

このマゼンタ色の矢印のように、骨盤が後ろに(元の位置に戻ったら)どうなると思います?

急に、ちゃんとした立ち方にすると・・・・

実際に妹にやってもらいました!

「痛い!痛い!えっこれが普通の立ち方ってこと??うそやろーーっ!太ももが痛くてしょうがないんやけど!歩けんよ~(福岡弁でお送りします)」

そうなんです、太ももの前面が痛い

なぜかというと、骨盤が前傾している身体は

大腰筋や腸骨筋という腹部のインナーマッスルと

大腿の筋肉(太もも)が委縮して、固くなっています

身体の形をみてもらうと分かりやすいのですが

骨盤が前に傾くことで、太ももの筋肉が短くなっているのです

その方が、歩きやすいですしね

身体って無意識にちゃんとバランスをとってくれているんですよね

で、それを急に

「これが本来の立ち方」ってやってしまうと

短い状態で固まっている筋肉を急に伸ばすことになってしまうので

痛いんです

美骨ケア」では、

バキッと無理に骨盤を矯正しない

太もも、大腰筋、腸骨筋も一緒に緩める

というケアで、調整後の痛みを出にくくしています

セルフケアでのオススメは

お尻の穴をキュッとしめて、大股で歩く!

そうすると、歩くたびに自然と大腰筋や、ふとももの筋肉が伸びて

骨盤の前傾が元の状態に戻りやすくなります

ひっかかりがなくなるわけですね!

美骨ケア」での骨盤矯正も維持しやすくなります

写真の私の妹は、かなりの反り腰ですが

ここまで進んでなければ、セルフケアをしてもそんなに激痛ではありません。

(激痛がしたら、やめてね!先に「美骨ケア」受けましょう!)

逆に、お尻の穴をキュッとしめて大股で歩いてみて

太ももの前面や鼠径部に突っ張りや痛みを感じるのは

あなたが反り腰だという証拠!

通勤中だけでも、意識してみましょう☆

やり方が分からなかったり、感覚がつかめないかたはぜひサロンで聞いて下さいね~

お待ちしております

美骨ケア体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です